40冊目 『パラレルワールドで待ち合わせ』

オススメ度 ★★★★★
スピおやじ
スピおやじ

40冊目は、白石 泰三さん著『パラレルワールドで待ち合わせ』の紹介です!

スピおやじ
スピおやじ

クリックをお願いします!

ランキングが上がると励みになります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

書籍情報

出版社:サンマーク出版
発売日:2018年10月1日
税込価格:¥1,540
言 語:日本語
ページ数:293ページ
ISBN-10:4763137255
ISBN-13:978-4763137258
発行形態:単行本
製 本:並製(ソフトカバー)
サイズ:19 x 13 x 2.0 cm

内容紹介

自己啓発作家としてデビューしたものの次回作が書けずに、行き詰まりを感じている太一。

読者に向けたトークイベントを行うが、「見えない世界」に懐疑的な太一は、不用意な発言で参加者を怒らせてしまう日々。

そんなときに出会ったのが、「スピリチュアルなんてくたばればいいのに」といいつつも、未来がわかってしまう女性・里香。
反発しながらも、次第に彼女に惹かれていったそのとき、不慮の事故が太一を襲う。

数々の「シンクロニシティ」、事故による「臨死体験」と「体外離脱」、死んだはずの「パラレルワールド」、「UFO」からの召喚、そして「龍使い」を名乗る青年との再会。
ラストに明かされる真実とは!?

長崎・台湾・東京を舞台に、さまざまな不思議な出来事が巻き起こる!

まるで、スピリチュアルのバラエティパック!?
でもこれ全部、実話です。

Amazon.co.jp より

書籍の目次

プロローグ

第一章 所詮はスピリチュアルなんてお遊び

第二章 未来、知ってたんでした

第三章 臨死体験ツアーへようこそ

第四章 パラレルワールドで待ち合わせ

第五章 UFOの乗りかた、龍の乗りかた、時空の超えかた

第六章 この世界の創りかた

エピローグ

レビューと感想

自己啓発本を出版後、たびたびトークイベントを自主開催していた著者は、スピリチュアルについては自己啓発と通じるものがあることから、イベントのトークの中にはスピリチュアルに関する話題を取り入れていたものの、スピリチュアルのすべてを受け入れているというわけではありませんでした

しかし、バイクに乗っている際に自動車と衝突し、生死をさまよう状況となってしまった際、臨死体験をし、その中で瀕死の状態の自分を俯瞰する自分に気づいただけではなく、UFOと出会ったり、生還する道とこのまま死んでしまう道の双方の存在、つまりパラレルワールドの存在を知ることになりました

それに加えて、一見、スピリチュアルに否定的のようだが、実は予知能力のある恋人の存在や生死をさまよう自分を助けてくれた龍使いを名乗る青年との出会いなど、スピリチュアル満載の事実をもとにしたエンターテイメント小説となっています

スピおやじ
スピおやじ

本を読んでみても、何かしっくりこない。。。悩みが解決しない。。。という方は、幸せになれる電話占い【ココナラ】ココナラメール占いあなたのLINEからいますぐ相談可能!トーク占いなどで占い師の先生に相談してみるのも良いですね!

オススメ度

どこからどこまでがノンフィクションなのかについては、読者の皆さまそれぞれの解釈に委ねると筆者は述べていますが、読んでいて大部分はノンフィクションであろうと思わせてくれるようなワクワク感がある小説です。

生活にスピリチュアルを取り入れるための実践的な本ではありませんが、スピリチュアルに関する事例がたくさん入った内容となっていることに加えて、楽しく一気に読める造りとなっていることから、スピリチュアルに関心がない方にもおすすめの一冊と言えるでしょう。

スピおやじ
スピおやじ

読みやすさ   ★★★★★

ユーモア    ★★★★★
実践のしやすさ ☆☆☆☆☆
価 格     ★★★☆☆
オススメ度   ★★★★★

評価の基準についてはこちらを参照すると良いですね!

スピおやじ
スピおやじ

読者の皆様からのご意見・ご要望・ご質問もお待ちしておりますので、コメントやメッセージをドシドシお寄せください!

お問い合わせのページはこちらです。

スピおやじ
スピおやじ

クリックをお願いします!

ランキングが上がると励みになります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました