41冊目 『祖霊さま 祖霊さまとのご縁を結び直し、パワーを頂く(祖霊さまに感謝するハンドブック) 』

オススメ度 ★★★☆☆
スピおやじ
スピおやじ

41冊目は、宮城 悟さん著『祖霊さま 祖霊さまとのご縁を結び直し、パワーを頂く(祖霊さまに感謝するハンドブック)』の紹介です!

スピおやじ
スピおやじ

クリックをお願いします!

ランキングが上がると励みになります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

書籍情報

出版社:創樹社美術出版
発売日:2021年2月20日
税込価格:¥2,200
言 語:日本語
ページ数:402ページ
ISBN-10:4787601148
ISBN-13:978-4787601148
発行形態:単行本
製 本:並製(ソフトカバー)
サイズ:21 x 14.8 x 2.5 cm

内容紹介

あなたは上四代、三十名の祖霊さまに見守られています。この三十人の祖霊さまがあなたを見守っていて、あなたが幸福になることを願っています。
運が悪い時や運気を上げたいときはどうすれば良いでしょうか?そういったときは、祖霊さまとの縁を結び直して感謝の気持ちを伝えましょう。
あなたが祖霊さまに気づきさえすればあなたの人生が変わるのです。

Amazon.co.jp より

書籍の目次

はじめに 幸せの花を咲かせましょう あなたが祖霊さまに気づきさえすれば人生が変わる

〇 祖霊さまのテーマに出会った意義
〇 自分がこの世に生まれてきたのは両親のおかげであります
〇 感謝する心の原点
〇 人生で最も崇高で重要なテーマ
〇 あなたはいつも「変わる」ことを求めている
〇 生まれてきた意味と生きる理由
〇 運を良くする最高のテーマ
〇 祖霊さまとのご縁結び直しをする二つの目的
〇 祖霊さまからパワーをもらって生きる
〇 未来の人類が幸せになる道

第一章 幸せの花を咲かせましょう あなたにはあなたを守護する三十名の祖霊さまがいます

〇 あなたは祖霊さまからご縁をいただいていますか
〇 結び直すためには何をすればよいでしょうか
〇 あなたには三十名の祖霊さまがいる
〇 ここで祖霊さま三十名図を見て、命の継承の流れを考えてみましょう
〇 次に、祖霊さまとのご縁結び直すワークショップについて話をしましょう
〇 これからの内容について

第二章 幸せの花を咲かせましょう 祖霊さまってどんな人なんでしょう

〇 一、祖霊さまを知るきっかけ

・ 祖霊さま感謝活動の重要性を知ったのは二十代でした
・ 祖霊さまの果たせなかった夢があなたに託されている
・ 見えない世界の働きがある
・ 見えない世界の存在を信じてみる

〇 二、祖霊さまの大切さ

・ 家族や祖霊さまの存在は自分の居場所の一つ
・ ルーツを振り返る意義
・ 親から伝わるもの
・ おもいやりの心とは祖霊さまを大切にする心のこと
・ 残すべきは祖霊さまをおもう心
・ 祖霊さま感謝活動はそれぞれの信仰を強くする
・ 日々の祖霊さま感謝活動
・ 自然災害で多くの命が失われたとき祖霊さまとの絆の大切さを知らされました
・ 「祖霊さま人生がんばりました」と報告して旅立っていく
・ 祖霊さまとのご縁の結び直しの伝授は人としてやるべき使命

〇 三、神仏と祖霊さまの役割の違い

・ 神仏では日頃の悩みは解決できない
・ 神道の祖霊さまに対する考え
・ 仏教各派の祖霊さまに対する考え
・ 自分を守護する存在とは
・ 祖霊さまの霊が帰っていくところは宇宙の大海原
・ 宗教の言う「親の縁より法のご縁」ということの理解
・ 変性意識が祖霊さまの世界へと次元を超える
・ 宗教活動と祖霊さま感謝活動の違い
・ 身体(肉体)は祖霊さまの情報を運んでいる
・ 肉体は魂の乗り物
・ 日本人の祖霊さまの考え
・ 輪廻転生は「想い」の継承

〇 四、悩んだときは祖霊さまに問いかけてみる

・ あなたが人生で悩んだときは祖霊さまに問いかけてみる
・ 楽しいときも辛いときも祖霊さまは見守っている
・ 成功した人は皆祖霊さまを大切にした人だった
・ 祖霊さまを大切にする人には幸運がやってくる
・ 祖霊さまはあなただけの専属解決請負人
・ 祖霊さま三十名がミロク(救世者)として支えている
・ 祖霊さまが必ず救ってくれるという気持ちになる
・ 苦しいときには祖霊さまに問いかけてみる
・ 祖霊さまは自分のそばにいて自分と共に存在する
・ 祖霊さまは「いる」とおもったほうが人生楽しくなる
・ この人生は自分のためでもあるが祖霊さまのためでもある

第三章 幸せの花を咲かせましょう 祖霊さまとご縁結び直しのワークショップってどんなものでしょう

〇 一、ワークショップを受けた方の感想

・ 祖霊さまとのご縁の結び直しの作業
・ ワークショップと日々の感謝活動の流れ
・ 祖霊さまに関する二つの作業
・ 結び直しのワークショップで人生が変わる
・ 結び直しには三つの作業がある
・ 結び直しの作業は「母」から始める

〇 二、三十名の祖霊さまとのご縁の結び直し

・ 祖霊さまは亡くなった方々だけを呼称したものではありません
・ あなたを守護する祖霊さまが三十名いる
・ 三十名の祖霊さまは一人ひとりがあなたにつながっている
・ 祖霊さまを振り返る作業のしくみ
・ 三十名の祖霊さまが直接見守っています
・ 「未来は過去」という時間の不思議さ
・ 祖霊さまはいつもあなたのそばにいる
・ 祖霊さまはあなたが思い出してくれることを待っている
・ 祖霊さま三十名図は上四代十六名十六家の祖霊さまからスタートする
・ 上五代以上の祖霊さまの位置づけ
・ 親戚って何でしょう
・ 兄弟姉妹って何でしょう
・ 祖霊さま三十名以上の人とのご縁
・ 祖霊さま三十名図と養父母との流れ
・ 夫婦になるということは相手の三十名の祖霊さまに出会うということ
・ 婿養子をとって家を継いだ人はどのような役割があるのですか
・ 祖霊さまはあなたがいて初めて存在する
・ ワークショップは祖霊さまの生年月日がわからなくてもできる
・ 上三代からは名前も顔も知りませんが、どうすればイメージできますか
・ 今までの自分を見つめ直す作業
・ 結び直しは自分の内心と向き合うこと
・ 自分のルーツを知る旅とは祖霊さまに出会う旅のこと
・ 祖霊さまとのご縁の結び直しを通して生まれてきた意味を知る
・ 結び直しのワークショップの期間

〇 三、祖霊さまからパワーをもらう

・ 祖霊さまいただくのは意識エネルギーのパワーです
・ 祖霊さまのパワーはどんなことに役立ちますか

〇 四、祖霊さまに会いに行く

・ イメージの力を強化して祖霊さまに会いに行く
・ 三十名の祖霊さまに会いに行く
・ 自らの身体に宿した祖霊さまのパワーを活用する

〇 五、祖霊さまとのご縁の結び直しに必要な三つの技法

・ 結び直しを実現する三つの技法の紹介

〇 六、ワリキの手印の意味と意義

・ 祈りの手印の意義
・ ワリキの手印は宇宙のパワーを送受信する装置
・ ワリキの手印は手かざしよりエネルギーが強い
・ 祈りにワリキ(和力)の手印は必要ですか
・ 神社仏閣での祈りもワリキの手印で行う
・ ワリキの手印は日常のいろいろな場面で役立つ
・ 苦しい時には手印と呼吸で安らぐ

〇 七、息吹の重要性

・ さまざまな呼吸の仕方
・ 祖霊さまの魂を受け入れる「神の一息」の重要性
・ 祖霊さまにつながる呼吸で生命力を強くする

〇 八、真言の力

・ 霊さま感謝の真言の意義
・ 祖霊さまの真言は一人より多くの人で声を合わせると効果が高くなる
・ ご縁結びの真言の発声をとことこ行うと様々なとらわれが消えていく
・ 真言は口伝で伝授される

〇 九、ヒトガタ(形代)

・ ヒトガタの役割はどういうものですか
・ ヒトガタに祖霊さまへのおもいを宿す

〇 十、子孫のために祈る

・ 未来の幸福への礎
・ 今のあなたは下四代の子孫まで守る責任を負っている
・ 水子となってしまった子に感謝と償いの祈りをする
・ 子孫を一人ひとり振り返りながら愛情を深めていく
・ 子や孫のために祖霊さまの話を残しておく
・ 子のいない人の使命と役割
・ 子供たちに結び直しと日々の感謝活動をさせてみる

十一、家系図を作ってみる

第四章 幸せの花を咲かせましょう 毎日の実践感謝活動のすばらしさ

〇 一、日々の祖霊さま感謝活動への感想

〇 二、毎日の祈りと習慣化

・ 祖霊さまへの感謝の祈りから今日一日が始まる
・ 人のために祈る
・ 家族間のそれぞれの対立では、相手のために祈ることが大事です
・ 日々の祈りは人のためにも大切な行為です
・ 日々の習慣のしかた
・ 一つだけ習慣化できるものを持つと人生が変わる

〇 三、感謝ノートの書き方

・ 昨日の感謝としての感謝ノートの書き方
・ 今日の願いとしての感謝ノートの書き方
・ 毎日の「感謝ノート」の重要性

〇 四、願いが叶う祖霊さまへのお願いの仕方

・ 願いが通ずる祈りのしくみ
・ 毎日の習慣としての感謝と願いの祈り
・ 本当に願いは叶うのですか
・ 本当に祖霊さまは願いを聞いてくれるのですか
・ 「祈りは願いへの決意の宣言」という意味
・ 祖霊さまはあなたの願いをあなたの人生に良いように導いてくれる
・ 多くの人に対する感謝は書くことから始まる
・ 願いの言葉は「実現した」という前提で祈る
・ 願いは自分がやるべきことへの「決意の宣言」です
・ 祈ったことはどのように実現しますか
・ 願い事の実現のしかた
・ 祖霊さまへの願いが実現するパターン
・ 悩んだときには開き直って祖霊さまに運命を委ねてみる
・ 祖霊さまへの日頃の願いが実現しなかった場合のとらえかた
・ 相手との争いごとの解決は相手の祖霊さまに感謝してお願いする
・ 祖霊さまはあなたの願いを合図に解決へ動く

〇 五、家族を守る「中心」の重要性

・ 祖霊さまへの感謝の祈りの場として「中心」をつくる
・ あなただけの「中心」としての祖霊殿をつくる
・ 家の「中心」は祖霊さまへの祈りの窓
・ 仏壇神棚の意義
・ 持ち歩く携帯ヒーリングスペースの重要性
・ あなたの部屋の「中心」を大いに活用する

〇 六、いろいろな祖霊さまへの感謝活動

・ 祖霊さまへの感謝の祈りを忘れることがありますがどうすればいいですか
・ お彼岸とお盆には必ず参加する
・ 母の日や父の日や敬老の日は日頃の感謝を伝える大切な日
・ お墓参りの意義
・ 祖霊さま感謝活動が未来の人類の平和の実現に貢献する
・ 祖霊さま感謝活動をすると運の良し悪しはなくなる
・ 子孫に恵まれなかった人の感謝活動の意味
・ 祖霊さま感謝活動を多くの人に伝える意義
・ 信仰を持った人と祖霊さま感謝活動との関係
・ 真言の写経をしてみるとおもいが伝わる
・ 現実の親と付き合う苦しみ
・ さまざまなご縁結び直しの作業
・ 結び直しを人に紹介することは、その人の祖霊さま三十名とご縁ができること
・ 家族で祖霊さま三十名の存在を共有する
・ ソレイヒトガタと一体となって瞑想する
・ 祖霊さまに連なる親戚が力を合わせて生き抜く時代
・ 祖霊さまのために誰かが音頭をとって親戚をまとめてみる
・ 祖霊さま感謝活動を普及する組織と人の役割

〇 七、病気が治る

・ 祖霊さま感謝活動を百日続けると病気が改善される
・ 祖霊さまの力を借りて病気を治す
・ 祖霊さまからパワーをいただく
・ 祖霊さまのパワーを活用して病気を治す

〇 八、毎月の祖霊さま感謝祭

・ 祖霊さま感謝祭の式の流れも重要です
・ 祖霊さま感謝祭の位置づけ
・ 一カ月の感謝ノート終了時の認証の意義
・ 一カ月一回の祖霊さま感謝祭の意義
・ 毎月のご朱印の重要性
・ 地方にいて祖霊さま感謝祭に参加できない場合にはどうすれば良いですか
・ 毎月のお布施の意義
・ 祖霊さまの感謝祭は三、六、九年ごとに行う

第五章 幸せの花を咲かせましょう 祖霊さまに関するさまざまなテーマ

〇 一、運を良くする

・ 自分の運を良くするには感謝から始まる
・ 運を良くする方法
・ 毎日の祖霊さま感謝活動は「運」を高める作業です
・ 祖霊さまを大切にする人は良い運体質に変わる
  
〇 二、運命に身を委せる

・ 運命に身を委ねる生き方
・ 三十名のおもいの継承
・ 子孫のために良い想いを貯蓄する
・ 生まれの選択
・ さまざまな「感謝」と祖霊さまへの感謝の関係
・ 祖霊さまに身を委ねるということは「なんでもあり」と受け入れること

〇 三、あなたの名前には祖霊さまのおもいが込められている

・ あなたの名前には祖霊さまのおもいが込められている
・ 「苗字(姓)」に祖霊さまのおもいが込められている
・ あなたは祖霊さまと関係のある日に生まれた
・ 本当に生まれた日と戸籍は祖霊さまと関係のある日になっている

〇 四、親おもいの子供に育てる

・ 人間として最高の人生とは親孝行の子として一生を終えること
・ 親おもいの子供に育てる
・ 幼い頃から家の「中心」と祖霊さまを大切にすることを教えておく

〇 五、祖霊さまとのさまざまな関係

・ 親より先に旅立った子の役割
・ 今やっていることがはたして人のためになることかを祖霊さまに問いかけてみる
・ 親の面倒をとことん看ることが最高の恩返し
・ 仲の悪かった親も亡くなった後はあなたを支える守護する存在となる
・ 今生はご縁のある人にしか出会わない
・ 祖霊さまがお世話になった人を大切にする
・ 人を許すことの重要性
・ 兄弟姉妹の争いが祖霊さまを一番悲しませる
・ 親子の確執
・ 家族の争い
・ なぜ「親殺し」の人生がうまくいかないか
・ 親の因果が子に引き継がれるということは
・ 祖霊さまを大切にしなければ子孫に祟るとは

〇 六、祖霊さまを知る活動

・ 祖霊さまの子孫にとって祖霊さまの故郷の意味は
・ 祖霊さまとご縁のあった土地を訪ねてみる
・ 祖霊さまの土地と家を守る大切さ
・ 墓守をする
・ お墓は決して怖いところでも不浄なところでもありません
・ お墓の役割
・ 墓守や仏壇神棚の守りは長子でなくても良い
・ 心相科学で祖霊さまの情報を調べてみる
・ 心相数をみると祖霊さまから伝わった情報がわかる

〇 七、日本の生命観

・ 日本の「生命の信仰」とは
・ 身体は預かりもの
・ 日本の食べ物の二つの教え
・ 生きとし生けるものは同じ命
・ 身体は分け霊
・ あなたの性格情報は、祖霊さまからのDNAと両親からの影響でつくられたもの

〇 八、子孫のために地球自然を守る

・ 地球を愛する心をもつ
・ 地球に生かされて生きている
・ 八十年先の子孫にどんな地球環境を残すのか
・ 西洋のキリスト教と東洋の自然観

祖霊さまの歌

あとがき 幸せの花を咲かせましょう 祖霊さまを大切にするあなたには良い運が味方する

〇 祖霊さま感謝活動は実践です
〇 人生で必要な二つの作業
〇 人生は三十人+あなたの三十一名のチームで生きている
〇 ご縁結び直しを丁寧に行っていく
〇 人類の未来のために
〇 祖霊さまを大切にする生き方
〇 祖霊さま感謝活動を多くの人に伝える
〇 見えない働きがあると思って人生を生きていく
〇 お礼の言葉

レビューと感想

この書籍は、目次を見てもわかるように約400ページにわたって「祖霊さま」について書かれたものです。

「祖霊さま」とは、自分自身を見守ってくださっている上一代から上四代までの方や先祖を指すようで、つまり、上一代は自分の2人の両親、上二代が両親の両親、即ち自分の祖父母の4人、さらには上三代である曾祖父母が8人、上四代の高祖父母16人の合計30名で、この30名の祖霊さまに自分を加えた31名が1チームとなって人生を歩んでいくとされています。

まず、この30名の祖霊さまの存在を知り、祖霊さまに対して、日々、感謝の気持ちを伝えることで、運気が上がったり、幸福になったりと自分の人生が変わって行くということが本文の中で詳しく書かれています。

いわゆるスピリチュアル・カウンセラーや占い師の方によって書かれたスピリチュアル本にももちろん、先祖を大切にすることや墓参りに行くこと、ここにもある「感謝ノート」を書く重要性などが示されていたりするのですが、この本は「スピリチャル」という言葉は出てくるものの、「祖霊さまはスピリチャルなどの守護神や守護霊とは少し意味や役割を異にする」といった表現や、「願いの言葉は『実現した』という前提で祈る」というところでもあえて「引き寄せの法則」といったような用語が用いられていないところからもわかるように、いわゆる「スピリチュアル」の考え方とは異なったスタンスで書かれているのが本書の特徴と言えるかもしれません。

スピ本は、若い女性をメインターゲットとして書かれたものが多い中、老若男女問わず、先祖を大切にすることの重要性について改めて考えさせられる一冊です。

スピおやじ
スピおやじ

本を読んでみても、何かしっくりこない。。。悩みが解決しない。。。という方は、幸せになれる電話占い【ココナラ】ココナラメール占いあなたのLINEからいますぐ相談可能!トーク占いなどで占い師の先生に相談してみるのも良いですね!

オススメ度

ページ数も多いことから、文章量も非常に多く、大変読みごたえがある一冊であると同時に、祖霊さまといういわゆる自分に比較的近いご先祖様について考えるきっかけとなる書籍と言えるでしょう。

ユーモアの要素はほとんどありませんが、逆に言うと非常に真摯な姿勢で書かれているので、「スピリチュアル」という言葉を敬遠してしまう方やスピ本に抵抗を持った方には、「スピ本ではないスピ本」である本書は、特におすすめの一冊と言えるでしょう。

スピおやじ
スピおやじ

読みやすさ   ★★★☆☆

ユーモア    ★☆☆☆☆
実践のしやすさ ★★★★★
価 格     ★★☆☆☆
オススメ度   ★★★★☆

評価の基準についてはこちらを参照すると良いですね!

スピおやじ
スピおやじ

読者の皆様からのご意見・ご要望・ご質問もお待ちしておりますので、コメントやメッセージをドシドシお寄せください!

お問い合わせのページはこちらです。

スピおやじ
スピおやじ

クリックをお願いします!

ランキングが上がると励みになります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました